ハリケーン・フローレンスの話

OK特派員からの報告。
怪我がなくてなによりでした!

ハリケーン・フローレンス(最大カテゴリー4)今回のハリケーンは速度が遅く、また風がかなり強い。ハリケーンのカテゴリーは最大で5まであり、カテゴリ−4は日本の台風の基準よりも上のレベルだそうです。ノースカロライナとサウスカロライナ州に上陸する見込みになりできれば州外に避難するようにと学校の方から連絡が来ました。2州で大体100万人以上の人が避難をしているようです。被害としては高波による沿岸部の家屋の浸水や半壊などがハリケーンの上陸する前から出ていました。学校自体も木が倒れて道が通れなくなりまた水がたまってしまい通行止めになってしまいました。上陸時にはカテゴリーは2まで下がりましたが速度がかなり遅いために雨や風が長引いてしまい被害が大きくなってしまっているようです。

避難の指示は州で発令されているが、被害などに関しては持ち主の責任なので避難しなくて怪我をしても自己責として処理される。

避難の準備などでガソリンスタンドのガソリンがなくなってしまったり、水や非常食(缶詰、パン)などが不足したりしていました。雨や風よりも洪水の方が心配されています。洪水対策にできるだけ荷物を高いところに上げるなどの準備で忙しかったです。学校は避難や被害を見込んで一週間お休みです。自分はノースカロライナからフロリダの親戚の家に避難しました。自分への被害としては帰りの飛行機が欠航になり慌てて別の便を2、3度取り直したくらいです。とにかく何もかもが初めての経験なので心配でままならない状態でした。

https://www.cnn.com/2018/09/11/us/hurricane-florence-south-east-coast-wxc/index.html
http://www.eorc.jaxa.jp/TRMM/data/trmmxge/images/TyphoonLevel.pdf
https://news.yahoo.co.jp/byline/morisayaka/20180912-00096623/