スポーツトレーナーへの道

久しぶりにNCN米国大学機構を訪ねました。スポーツトレーナーになりたいという相談を受けて、本場アメリカで学ぶ作戦。以前、見学に行った際にスポーツトレーナーも解剖の授業があることを知って(「ここが解剖用の死体置き場です」と案内されてギョッとしました)驚いたのですが、このたび大きな変更があって学部で取れる資格はエントリーレベルの資格で、より専門的なプロフェッショナルな資格はかなり医学的な科目をたくさん学ぶ大学院まで進まなければならなくなったとのこと。今から目指せば非常に希少性のある人材となるでしょう。
また、大変な人手不足のパイロット、その養成についてもJAL/ANAをはじめ関係機関と連携しながら人材育成に取り組んでいます。
「アメリカの大学!」とことさら構えることなく、なりたい自分に近付ける大学を選ぶのがいいですね!
NCNsportstrainer

藤枝M先輩mignon

M先輩:おしゃべりタイムでは、好きなことになると夢中になって話が止まること知らず…!
夢中になれることがたくさんあると、毎日が楽しく新鮮なんだなぁーとしみじみ感じました。
勉強をはじめたら、今度は集中!
問題に向かってる姿は、おしゃべりタイムとまた違うイイ表情でした!

事務局M先生:話でウォーミングアップするとそろそろやらなきまずいかなと低学年の子でもわかるようです。自分でやろうと決めれば集中できるので正答率もスピードも全く別人になります。いかに集中する自分を作れるか!ですね。

M先輩:勉強を始める前のウォームアップの時間を、どこまで、どれくらい、こちらで手助けしたらいいのか…そこが難しいなぁと思いました。
僕自身の経験上、始めるタイミングを子供が自分で決めたり、大人の何気ない一声でスパッと切り替えができたり…はたまたルーティンを持ってやれる子もいたり…と、その日の心のコンディションや各々の性格によって多種多様な部分です!
子供の成長は奥深いです!(大人も一緒ですけどね)

どうやったら、子供が勉強を楽しむことができるのか?
すごく難しい問題(課題?)だと思います!
ただ子供って、好きなことにはとことん夢中になって、時にはご飯を食べるのすら忘れて取り組んじゃう時もあるくらい、すごい力を持ってますよね~!
ひとつ、すごく僕が感銘を受けた、ある一言があるので紹介します!!

20180424machi.jpg

詩人の俵万智さんのエピソードです(^^)
勉強も遊びも、夢中になれば疲れないし、楽しい!
そうなれるような場所にmignonはなってきます!

藤枝M先輩mignon

本日、M先輩に代わって事務局M先生が担当しました。
「ねえねえ、地震の話やろうよ」(以前、今度やろうねと約束していたことです)ということで、「じゃあ、地震のどんなことやろうか?」とふると「え!なんでもいい」「考えてることや疑問ないのー?」「えっとね川が溢れるのってどのくらい時間かかるの?」「地震でなんで溢れることあるの」と始まって、震度→津波→水が届く範囲→停電→電力(火力、水力、風力、原子力、、)→浜岡原発→放射線
話が広がりすぎて大騒ぎ^^
ウォーミングアップ終了で各自勉強!

藤枝Y先輩グループ・カンファレンス

初カンファレンス終了しました!オープニングはコメやトウモロコシなどの食料のことにめっぽう詳しいY先輩から来週の種蒔きを前にイネと日本人の話。Y先輩の話はとにかく言葉が難解。しかし、あえて簡単な言葉で言い換えずに話の流れから推測するようにしました。続いて大相撲の伝統と女性の話。するとN先輩がすかさず対象動画を検索してくれました。
シリアの話も予定していましたが、今日は主に食の話に・・・Y先輩がマレーシアで農業指導中、夜中「パオー」という声が聞こえたと思ったら家(小屋)に体当たり、その揺れで目が覚めたと⁉️野生の象のイタズラだったそうです!?
Y・M両先輩は経験豊富で守備範囲が広いので面白くなりそうです!

始動!

9日VR
rumii

10日mignon
キズカンの前身である秀美塾に最初に入塾したメンバーの一人で元教師のM先輩が率います。カンファレンスにスムーズに移行できるようしっかり勉強します。

11日横浜S先輩グループカンファレンス

13日東京T先輩グループカンファレンス

と今週一気にキズカンが始動、明日は事務局でY先輩グループが初カンファレンスです。

会員募集中! → → → → → 詳細

東京T先輩グループ・カンファレンス

T先輩グループの初カンファレンス。同級生のS先輩と、東大からY先輩も加わってバリバリ理系カンファレンス。
元気全開のS先輩は改札でメンバーを迎える時からテンションMaxで場を盛り上げながらグイグイ引っ張ってくれました。話題はいつしかSくんの数学授業の話に。話題的に皆の大好物なので盛り上がりました。
東大で毎週一コマ教授とTAを前に英語の数学書の内容を講義(をするという授業)しているというY先輩がホワイトボードを使って講義?!したり、T先輩の疑問を皆で考えたり、輪講/ゼミみたいな雰囲気でした。

横浜S先輩グループ・カンファレンス

S先輩の初カンファレンス。
盛り上がったのは放送法2条改正について。いわゆる「右だ、左だ」というのはその情報の受け手の相対的な感覚に過ぎない、「事実だけを伝えてくれればいいのに」に対しては人が介在する場合中立は有り得ないであろう、質問を工夫して集められたアンケート結果を統計的に処理をすればかなりの確度で「中立」を見つけることはできる、・・・
面白かったです!